政策

1.バリアフリーな川崎市に!

手話言語条例の制定、障害者やLGBTなどのあらゆる差別の根絶を目指す条例を検討します。

区役所や市立病院への手話通訳者の配置などをすすめます。

障害者や高齢者、難病の皆さんのライフステージ・多様なニーズに応じた支援体制、相談体制のさらなる充実をすすめます。

医療的ケアが必要な障害児の就学先の指定について、当事者の意向を踏まえた体制づくりをすすめます。

2.多様な共生社会を目指して!

パートナー制度の導入などLGBT施策を進め、当事者の皆さんも安心して暮らせる相談体制の整備をはかります。

ヘイトスピーチは、絶対に許されてはなりません。外国籍の方も含めて、誰もが安心して生活できる街づくりをすすめます。

3.ともに支え、ともに創る、川崎を目指して。

小児医療費の助成制度の拡充をすすめます。

保育園の待機児童の解消に向けて取り組みます。

市の施設や家屋の耐震化を進めるとともに、災害に強い地域づくりをすすめます。

「福祉避難所」の充実など、万一のときに障害者や難病の皆さんなど災害弱者の方々が安心できる体制を作ります。

PAGE TOP